1. Top » 
  2. 配当
海外投資





海外ETFのメリット 利息・配当と複利とリスク分散

安定して資産を殖やすには
お金を生み出す資産を長期保有することです。
つまり利息や配当がある資産を保有すること。
そして利息や配当を再投資していくこと。

複利の効果を得るには、利息・配当を再投資していくことが重要です。
利息や配当を再投資すれば、保有ユニット数(口数)や保有株数が増えるので受け取る債券の利息や株式の配当も増えていくということです。
株式投資の場合、株価の上昇を期待している投資家は多いですが、ジェレミー・シーゲル教授曰く
「株式において生み出される富の95%は、株価の上昇ではなく、配当の再投資である」
と述べています。

同時にいつでも換金できる資産であることも重要です。
なぜなら、2008年の世界金融危機の時には、一部のファンドは換金することが一時的にできなかったということがあります。
投資資金は余裕資金とはいえ、まとまった資金が突然必要になることいったこともあるからです。

そしてリスクを分散するために資産の分散や幅広い銘柄の分散が必要になります。

では、利息・配当がある資産とは何かというと
株式 債券 REIT があります。

では、いつでも換金できる資産とは何かというと
証券取引所に上場されている株式やREITそしてETFがあります。

そして小額から幅広く分散投資できる金融商品であることも重要です。

まとめると

利息・配当がある資産で、いつでも換金でき(流動性が高い)、小額から幅広く分散投資できる金融商品とは何かというと
海外ETFがそれにあたります。


海外ETFであれば株式・債券・REITに小額から幅広く分散投資することが可能です。

債券の海外ETFであれば
グローバル企業の社債に幅広く分散投資することが可能であったり
1つの海外ETF銘柄で期間が異なる社債を数百銘柄保有しているのでデュレーションリスクも低減できる可能性があります。
また、債券海外ETFは、定期的に利息が自分の口座に入金されるので、その利息を再投資することが自分でできます。

再投資することが自分でできるので、再投資先を株式海外ETFにすることも可能です。

債券海外ETFは米国債や公社債、投資適格グローバル企業の社債、ハイイールドボンド、エマージングマーケットボンドなどが購入することが可能です。


株式の海外ETFであれば、ニューヨークダウやS&P500など株式指数に連動した海外ETFを購入することも可能です。
また高配当銘柄の株式を集めた株式海外ETFもあります。
セクター別の株式海外ETFもあり、エネルギーセクターや生活必需品セクター、ヘルスケアセクター、公共事業セクターなどのセクターで世界を代表するグローバル企業の株式を集めた海外ETFを購入することも可能です。
また時価総額の大きい世界を代表するグローバル企業のみを集めた株式海外ETFを購入することも可能です。

こういった世界有数のグローバル企業の株式海外ETFに投資するメリットは信用リスクの回避と安定した配当を受け取れるといったメリットがあります。

このように
お金を生み出す資産を長期的に保有すること
複利の効果を享受するには、債券の利息や株式の配当を再投資していくことが重要です。
また、再投資しない場合は利息や配当を現金として残しておくことも可能です。
キャッシュフローを重視する場合、利息や配当を現金として残しておくことも考えられます。


海外ETFの購入は楽天証券で可能です。
グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!
口座開設・資料請求はこちら












外国債券購入方法(海外ETF投資)

外国債券購入することで安定したインカムゲイン(キャッシュフロー)が期待できます。
また、株式やヘッジファンドなど外国債券と異なる資産を保有している場合、それそれの資産の値動きに相関性が低いため、分散投資効果によるリスクの低減も期待できます。
「お金を生み出す資産を長期的に保有する」といった面では、安定したキャッシュフローが期待できるといった点で、外国債券はポートフォリオのコアとしたい資産の一つです。

海外ETFを利用して、グローバルに外国債券ポートフォリオを構築し、安定した利息(キャッシュフロー)を定期的に得ることを目指してみてはどうでしょう。

外国債券の海外ETFは、償還期限が異なる債券への分散投資をずっと継続しているので、ETFを保有しているだけで自動的に債券が買い換えられていくので実に楽で簡単です。
しかもグローバルに国債、社債を広範囲に分散投資できる外国債券海外ETFは使い勝手がいいかもしれません。

世界を代表する企業、つまりグローバル企業に投資する方法として、それらの企業の社債を購入するという方法があります。
外国債券投資は外国株式投資よりも価格変動リスクが小さいので大きく資産を減らすリスクも小さいと思われます。

外国債券投資・購入におけるリスクには、為替変動リスクや信用リスク、デュレーションリスクなどがありますが、海外ETFを利用すれば銘柄数をかなり分散することができるので一つの企業の社債や一つの国の国債に投資・購入するよりも信用リスク、デュレーションリスクが軽減されます。

そして海外ETFを利用するメリットとして一番大きいのが、流動性を確保できるということです。
証券取引所が開いていればいつでも換金することができるメリットは大きいと思います。


国内金融機関で購入可能な外国債券海外ETF

iShares iBoxx $ Invest Grade Corp Bond (LQD)
iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債ファンド
IBoxx米ドル建てリキッド投資適格インデックスへの連動を目指します。
流動性の高い投資適格米ドル建て社債の銘柄で構成。

2009年利息の利回り4.7%


iShares iBoxx $ High Yield Corporate Bd (HYG)
iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債ファンド
iBoxx米ドル建てリキッド・ハイイールド インデックスへの連動を目指します。
米ドル建ての高利回りの社債に投資。

2009年利息の利回り9.4%


iShares Barclays Aggregate Bond Fund(AGG)
iシェアーズ ・バークレイズ 米国総合 ファンド
バークレイス・キャピタル米国総合インデックスへの連動を目指します。
米国投資適格債券市場へ投資。

2009年利息の利回り3.3%


iShares JPMorgan USD Emerging Markets Bond Eund(EMB)
iシェアーズJPモルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ファンド
JPモルガン・エマージング・マーケッツ・ボンド・インデックス・グローバル・コア・インデックスの価格及び利回りの実績に概ね対応する投資成果をあげることを目標。

2009年利息の利回り4.6%


iShares Barclays 7-10 Year Treasury Bond Fund(IEF)
iシェアーズR ・バークレイズ 米国国債 7-10年 ファンド
バークレイズ・キャピタル米国国債(7-10年)インデックスへの連動を目指します。
米財務省市場の中期物セクターへ投資。

2009年利息の利回り3.6%


iShares S&P/Citigroup International Treasury Bond Fund(IGOV)
iシェアーズ・S&Pシティグループ世界国債(除く米国)・ファンド
S&Pシティグループ・インターナショナル・トレジャリー・ボンド・インデックス(除く米国)の価格及び利回りの実績に概ね対応する投資成果をあげることを目標。

直近1年(2010年2月現在)利息の利回り2.0%


上記の海外ETFは楽天証券で購入することが可能です。
グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!
口座開設・資料請求はこちら











外国株式購入方法(海外ETF投資)

外国株式購入方法として海外ETFを利用した購入方法があります。
海外ETFで外国株式を購入すれば、数百銘柄の株式を1本の海外ETFでまとめて購入することが可能です。
しかも少額から購入できること、世界各国のグローバル企業に幅広く分散投資できることもメリットになると思います。

外国株式購入のメリットは、日本の株式にとどまらず世界有数のグローバル企業に投資することができるということです。
それぞれのセクターで世界を代表するグローバル企業に投資するメリットは、なんといっても潰れる心配が少ないということです。
つまり信用リスクの低減です。
企業が破綻してしまえば株式は紙切れになってしまいますので、グローバル企業であれば購入しても安心して長期的に保有することができます。
グローバル企業は世界中でビジネスを展開していますので世界各国の収益を期待できます。
そして資本を蓄積しグループ全体を大きくしていきます。

外国株式購入を世界を代表するグローバル企業の株式に投資していくことで長期的に安定したリターンを得られる可能性があります。
なぜならば、世界有数のグローバル企業株式は堅実に利益を出している成熟産業で安定した配当が期待できるからです。

株式投資では配当利回りが高く、株価が安価で、堅実に利益を出している成熟産業の方が長期ではより高いリターンが期待できるとされています。
株式の配当に注目し、高配当株の再投資戦略が長期投資では最も威力を発揮するといってもいいからです。


世界有数のグローバル企業株式に投資できる
おすすめ海外ETF

iShares S&P Global 100 Index(IOO)
(iシェアーズ S&P グローバル100 インデックス・ファンド)
S&Pグローバル100インデックスへの連動を目指すファンドです。
世界の調整後時価総額50億ドル以上の多国籍企業約100銘柄に投資する海外ETFです。

上位保有銘柄 2010年04月01日現在
EXXON MOBIL CORP
MICROSOFT CORP
GENERAL ELECTRIC CO
NESTLE SA-REG
PROCTER&GAMBLE CO
JOHNSON&JOHNSON
BP PLC
HSBC HOLDINGS PLC
JPMORGAN CHASE&CO
INTL BUSINESS MACHINES CORP


上記の海外ETF iShares S&P Global 100 Index(IOO) は楽天証券で購入することが可能です。
グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!
口座開設・資料請求はこちら











Page Top