1. Top » 
  2. 海外ETF
海外投資





海外ETFとヘッジファンド 資産運用の新しい選択肢

個人が長期的な資産形成・資産運用する場合の投資とはどのようにするのが良いのか。

お金を生み出す資産を保有すること

海外分散投資で長期運用資産を保有すること

キャピタルゲインだけでなくインカムゲインも重視すること

リスクを低減しつつ、インフレ(物価上昇)を凌ぎ、長期的に資産形成・運用成果を得るためには、海外分散投資で長期運用資産を保有することが効果的だと思われます。
リスクをコントロールしつつ、複利の効果を得ることが、運用成果を得る近道なのではないでしょうか。

金融資産は、株式・債券・通貨・不動産(REIT)・ヘッジファンド・コモディティなどになりますが、それぞれの資産にどのくらい資産を配分するかでリターンが決まってくるといわれています。
この資産配分を決定することをアセットアロケーションといいます。

それぞれの資産に配分することで分散投資効果が期待できます。
リターンは分散投資しなくても得ることはできますが、リスクは分散しないとヘッジできないことが多いといわれています。
リスクを分散することでポートフォリオ全体の価値下落を緩和できる可能性があるのです。

リスクをコントロールするには、世界中の金融資産に広く分散投資することが良いと思われます。
世界経済の成長に参加する国際分散投資は、収益機会の拡大とボラティリティ(期待リターンのブレ)の低減という効果をもたらします。
ポートフォリオ理論の教えで、「ひとつのかごにすべての卵を入れてはいけない」という言葉があるように、それぞれ値動きの違う、成長や配当あるいは利息がある資産に分散投資することでリスク(期待リターンのブレ)を軽減しながら、なだらかに資産を増やしていくという訳です。


分散投資の便利でお得なツール 海外ETF

世界中の金融資産に広く分散投資するには、ファンド(投資信託)を利用するのが便利です。
ファンド(投資信託)とは、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品のことです。
ファンドを利用すれば、世界中の株式・債券・不動産・ヘッジファンド・コモディティ(原油や金属や農産物)など成長や配当や値上がりがある資産に分散投資することが少額からも可能です。

そのファンド(投資信託)の中でも海外ETFという運用ツールがお勧めです。
海外ETFを利用すれば、簡単に、幅広く、運用コストを抑えて、世界中の金融資産に分散投資が可能です。
アセットクラスも株式、債券、コモディティ、不動産といずれも国内証券会社で海外ETFを買付できます。

ETFとは、Exchange Traded Fund の略で、その価格が株価指数、商品価格、商品指数などに連動するようにつくられ、上場されている投資信託です。
ETFはエクスペンスレシオ(経費率)が低く、運用コストが抑えられ、幅広く分散投資できることがメリットだと思います。

海外ETFのメリット 利息・配当と複利とリスク分散
外国債券購入方法(海外ETF投資)
外国株式購入方法(海外ETF投資)


金融資産の切り札ヘッジファンド

ヘッジファンドは、市場に存在する価格形成のゆがみ(割高・割安)を臨機応変に捉えることにより、市場のトレンドにかかわらず絶対的な収益をめざす投資ファンドです。
つまり、低迷する市場の中でも絶対リターンを目指すファンドです。
絶対リターンとは、必ずリターンがあるという意味ではなく、相場環境にかかわらず、一定のリターン獲得を目指す運用のことです。

ヘッジファンドへの投資は、日本国内金融機関で購入する場合、海外のヘッジファンドの値動きに連動する投資信託を購入することが可能です。
日本国内金融機関で海外のヘッジファンドを直接購入することはできません。

ヘッジファンド投資 注目の戦略「マネージド・フューチャーズ」
海外ヘッジファンド購入方法









海外ETFのメリット 利息・配当と複利とリスク分散

安定して資産を殖やすには
お金を生み出す資産を長期保有することです。
つまり利息や配当がある資産を保有すること。
そして利息や配当を再投資していくこと。

複利の効果を得るには、利息・配当を再投資していくことが重要です。
利息や配当を再投資すれば、保有ユニット数(口数)や保有株数が増えるので受け取る債券の利息や株式の配当も増えていくということです。
株式投資の場合、株価の上昇を期待している投資家は多いですが、ジェレミー・シーゲル教授曰く
「株式において生み出される富の95%は、株価の上昇ではなく、配当の再投資である」
と述べています。

同時にいつでも換金できる資産であることも重要です。
なぜなら、2008年の世界金融危機の時には、一部のファンドは換金することが一時的にできなかったということがあります。
投資資金は余裕資金とはいえ、まとまった資金が突然必要になることいったこともあるからです。

そしてリスクを分散するために資産の分散や幅広い銘柄の分散が必要になります。

では、利息・配当がある資産とは何かというと
株式 債券 REIT があります。

では、いつでも換金できる資産とは何かというと
証券取引所に上場されている株式やREITそしてETFがあります。

そして小額から幅広く分散投資できる金融商品であることも重要です。

まとめると

利息・配当がある資産で、いつでも換金でき(流動性が高い)、小額から幅広く分散投資できる金融商品とは何かというと
海外ETFがそれにあたります。


海外ETFであれば株式・債券・REITに小額から幅広く分散投資することが可能です。

債券の海外ETFであれば
グローバル企業の社債に幅広く分散投資することが可能であったり
1つの海外ETF銘柄で期間が異なる社債を数百銘柄保有しているのでデュレーションリスクも低減できる可能性があります。
また、債券海外ETFは、定期的に利息が自分の口座に入金されるので、その利息を再投資することが自分でできます。

再投資することが自分でできるので、再投資先を株式海外ETFにすることも可能です。

債券海外ETFは米国債や公社債、投資適格グローバル企業の社債、ハイイールドボンド、エマージングマーケットボンドなどが購入することが可能です。


株式の海外ETFであれば、ニューヨークダウやS&P500など株式指数に連動した海外ETFを購入することも可能です。
また高配当銘柄の株式を集めた株式海外ETFもあります。
セクター別の株式海外ETFもあり、エネルギーセクターや生活必需品セクター、ヘルスケアセクター、公共事業セクターなどのセクターで世界を代表するグローバル企業の株式を集めた海外ETFを購入することも可能です。
また時価総額の大きい世界を代表するグローバル企業のみを集めた株式海外ETFを購入することも可能です。

こういった世界有数のグローバル企業の株式海外ETFに投資するメリットは信用リスクの回避と安定した配当を受け取れるといったメリットがあります。

このように
お金を生み出す資産を長期的に保有すること
複利の効果を享受するには、債券の利息や株式の配当を再投資していくことが重要です。
また、再投資しない場合は利息や配当を現金として残しておくことも可能です。
キャッシュフローを重視する場合、利息や配当を現金として残しておくことも考えられます。


海外ETFの購入は楽天証券で可能です。
グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!
口座開設・資料請求はこちら












外国株式購入方法(海外ETF投資)

外国株式購入方法として海外ETFを利用した購入方法があります。
海外ETFで外国株式を購入すれば、数百銘柄の株式を1本の海外ETFでまとめて購入することが可能です。
しかも少額から購入できること、世界各国のグローバル企業に幅広く分散投資できることもメリットになると思います。

外国株式購入のメリットは、日本の株式にとどまらず世界有数のグローバル企業に投資することができるということです。
それぞれのセクターで世界を代表するグローバル企業に投資するメリットは、なんといっても潰れる心配が少ないということです。
つまり信用リスクの低減です。
企業が破綻してしまえば株式は紙切れになってしまいますので、グローバル企業であれば購入しても安心して長期的に保有することができます。
グローバル企業は世界中でビジネスを展開していますので世界各国の収益を期待できます。
そして資本を蓄積しグループ全体を大きくしていきます。

外国株式購入を世界を代表するグローバル企業の株式に投資していくことで長期的に安定したリターンを得られる可能性があります。
なぜならば、世界有数のグローバル企業株式は堅実に利益を出している成熟産業で安定した配当が期待できるからです。

株式投資では配当利回りが高く、株価が安価で、堅実に利益を出している成熟産業の方が長期ではより高いリターンが期待できるとされています。
株式の配当に注目し、高配当株の再投資戦略が長期投資では最も威力を発揮するといってもいいからです。


世界有数のグローバル企業株式に投資できる
おすすめ海外ETF

iShares S&P Global 100 Index(IOO)
(iシェアーズ S&P グローバル100 インデックス・ファンド)
S&Pグローバル100インデックスへの連動を目指すファンドです。
世界の調整後時価総額50億ドル以上の多国籍企業約100銘柄に投資する海外ETFです。

上位保有銘柄 2010年04月01日現在
EXXON MOBIL CORP
MICROSOFT CORP
GENERAL ELECTRIC CO
NESTLE SA-REG
PROCTER&GAMBLE CO
JOHNSON&JOHNSON
BP PLC
HSBC HOLDINGS PLC
JPMORGAN CHASE&CO
INTL BUSINESS MACHINES CORP


上記の海外ETF iShares S&P Global 100 Index(IOO) は楽天証券で購入することが可能です。
グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!
口座開設・資料請求はこちら











米国株(アメリカ株)を購入【最強のグローバル企業群へ株式投資】

長期的に株式を保有するという投資戦略の場合、米国株の保有は外せないでしょう。
そもそも株価は、長期的に持続的な成長が期待できる企業の株価が上昇するのではないでしょうか。

人間の欲望がある限り、世界経済は持続的に成長していくといわれています。
そして、資本主義の下では自由、競争、イノベーションのうねりがやむことはないでしょう。

とくに、アメリカ(米国)はイノベーションやグローバリゼーションの先頭を走っていますから、今後も長期的に持続的な経済成長が期待できるのではないでしょうか。


米国株の魅力

アメリカは、今後も長期的に持続的な経済成長が期待できる

アメリカは、株式市場の透明性、コーポレート・ガバナンスが世界一

アメリカは、世界を代表するグローバル企業群が多数



長期的に持続的な経済成長が期待できる

米国が今後も長期的に持続的な経済成長が期待できる理由のひとつに、人口増加率の高さがあげられます。
アメリカの人口は、移民の増加もあって、年率2%以上で増加しているといわれています。
人口増加率の高さは、必然的に米国内市場の拡大をもたらします。

アメリカ経済の潜在成長率の高さの理由に、その生産性の高さがありますが、それは高度な基礎科学と応用技術、そしてイノベーションの波がアメリカの高い生産性を支えているのです。

アメリカ経済の潜在成長率は、3%程度ともいわれています。
安定したインフレ率の下で、長期的成長率が高いほど、企業利益の成長率も高まります。
そして、株式市場が企業利益と配当の持続的な高い成長率を評価することで、株価も上昇するといわれています。


コーポレート・ガバナンスが世界一

株式というのは、会社が返済期限も元本保証もなく発行する証券です。
そんなリスクの高い証券に投資するのですから、投資家が適切な判断ができるよう、あらゆる情報が開示され、公正なルールが確立されていなければなりません。
コーポレート・ガバナンス(企業統治)がしっかりした企業、市場に投資したいと思うのは投資家としては当然です。

アメリカのコーポレート・ガバナンスは、エンロン・ワールドコムのような事件をきっかけに、結果的にはさらに強化される事になりました。
これが米国株に投資する投資家の安心感につながっているのです。
せっかく良い企業を見つけて投資していても、利益が嘘だった、経営陣が不正を働いていた、利益は投資家にはほとんど配分されなかった 等の事態が発覚すれば、何のために投資していたのか分かりませんので。


世界を代表するグローバル企業群

アメリカの企業は、グローバル市場で活躍する世界的な優良企業が多数あります。
米国内だけでなく、世界でビジネスを展開していますから、世界各国の収益を期待できます。
新興諸国の市場の拡大によって、世界的にブランド価値を持つグローバル企業が恩恵を受けることも期待できそうです。
このようにグローバル企業は、世界中で収益を得て、資本を蓄積し、その規模をさらに大きくしていきます。
そして、製品の差別化、ブランド力、技術力などの独占力はかなり永続的だともいわれています。

米国の代表的なグローバル企業をいくつかあげると以下のようなグローバル企業があります。

ジョンソン&ジョンソン
プロクター&ギャンブル(P&G)
コカ・コーラ
ファイザー
エクソン・モービル
シェブロン
3M
ゼネラル・エレクトリック(GE)
ウォルマート
クラフトフーズ
マイクロソフト
インテル
IBM



米国株式 海外ETF

Vanguard S&P 500 (VOO)
バンガード・S&P500ETF
S&P 500® Indexへの連動を目指します。
米国市場の大型株に投資します。


iShares Dow Jones Select Dividend (DVI)
iシェアーズ® ダウ・ジョーンズ好配当株式インデックス・ファンド
ダウ・ジョーンズ US セレクト・ディビデンド・インデックスへの連動を目指します。
配当伸び率、配当性向、1日平均取引金額、配当利回りに基づいて選定されます。

上記の海外ETFや米国の代表的なグローバル企業の株式は楽天証券で購入することが可能です。
グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!
口座開設・資料請求はこちら










Page Top