1. Top » 
  2. 投資
海外投資





海外ETFのメリット 利息・配当と複利とリスク分散

安定して資産を殖やすには
お金を生み出す資産を長期保有することです。
つまり利息や配当がある資産を保有すること。
そして利息や配当を再投資していくこと。

複利の効果を得るには、利息・配当を再投資していくことが重要です。
利息や配当を再投資すれば、保有ユニット数(口数)や保有株数が増えるので受け取る債券の利息や株式の配当も増えていくということです。
株式投資の場合、株価の上昇を期待している投資家は多いですが、ジェレミー・シーゲル教授曰く
「株式において生み出される富の95%は、株価の上昇ではなく、配当の再投資である」
と述べています。

同時にいつでも換金できる資産であることも重要です。
なぜなら、2008年の世界金融危機の時には、一部のファンドは換金することが一時的にできなかったということがあります。
投資資金は余裕資金とはいえ、まとまった資金が突然必要になることいったこともあるからです。

そしてリスクを分散するために資産の分散や幅広い銘柄の分散が必要になります。

では、利息・配当がある資産とは何かというと
株式 債券 REIT があります。

では、いつでも換金できる資産とは何かというと
証券取引所に上場されている株式やREITそしてETFがあります。

そして小額から幅広く分散投資できる金融商品であることも重要です。

まとめると

利息・配当がある資産で、いつでも換金でき(流動性が高い)、小額から幅広く分散投資できる金融商品とは何かというと
海外ETFがそれにあたります。


海外ETFであれば株式・債券・REITに小額から幅広く分散投資することが可能です。

債券の海外ETFであれば
グローバル企業の社債に幅広く分散投資することが可能であったり
1つの海外ETF銘柄で期間が異なる社債を数百銘柄保有しているのでデュレーションリスクも低減できる可能性があります。
また、債券海外ETFは、定期的に利息が自分の口座に入金されるので、その利息を再投資することが自分でできます。

再投資することが自分でできるので、再投資先を株式海外ETFにすることも可能です。

債券海外ETFは米国債や公社債、投資適格グローバル企業の社債、ハイイールドボンド、エマージングマーケットボンドなどが購入することが可能です。


株式の海外ETFであれば、ニューヨークダウやS&P500など株式指数に連動した海外ETFを購入することも可能です。
また高配当銘柄の株式を集めた株式海外ETFもあります。
セクター別の株式海外ETFもあり、エネルギーセクターや生活必需品セクター、ヘルスケアセクター、公共事業セクターなどのセクターで世界を代表するグローバル企業の株式を集めた海外ETFを購入することも可能です。
また時価総額の大きい世界を代表するグローバル企業のみを集めた株式海外ETFを購入することも可能です。

こういった世界有数のグローバル企業の株式海外ETFに投資するメリットは信用リスクの回避と安定した配当を受け取れるといったメリットがあります。

このように
お金を生み出す資産を長期的に保有すること
複利の効果を享受するには、債券の利息や株式の配当を再投資していくことが重要です。
また、再投資しない場合は利息や配当を現金として残しておくことも可能です。
キャッシュフローを重視する場合、利息や配当を現金として残しておくことも考えられます。


海外ETFの購入は楽天証券で可能です。
グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!
口座開設・資料請求はこちら












外国株式購入方法(海外ETF投資)

外国株式購入方法として海外ETFを利用した購入方法があります。
海外ETFで外国株式を購入すれば、数百銘柄の株式を1本の海外ETFでまとめて購入することが可能です。
しかも少額から購入できること、世界各国のグローバル企業に幅広く分散投資できることもメリットになると思います。

外国株式購入のメリットは、日本の株式にとどまらず世界有数のグローバル企業に投資することができるということです。
それぞれのセクターで世界を代表するグローバル企業に投資するメリットは、なんといっても潰れる心配が少ないということです。
つまり信用リスクの低減です。
企業が破綻してしまえば株式は紙切れになってしまいますので、グローバル企業であれば購入しても安心して長期的に保有することができます。
グローバル企業は世界中でビジネスを展開していますので世界各国の収益を期待できます。
そして資本を蓄積しグループ全体を大きくしていきます。

外国株式購入を世界を代表するグローバル企業の株式に投資していくことで長期的に安定したリターンを得られる可能性があります。
なぜならば、世界有数のグローバル企業株式は堅実に利益を出している成熟産業で安定した配当が期待できるからです。

株式投資では配当利回りが高く、株価が安価で、堅実に利益を出している成熟産業の方が長期ではより高いリターンが期待できるとされています。
株式の配当に注目し、高配当株の再投資戦略が長期投資では最も威力を発揮するといってもいいからです。


世界有数のグローバル企業株式に投資できる
おすすめ海外ETF

iShares S&P Global 100 Index(IOO)
(iシェアーズ S&P グローバル100 インデックス・ファンド)
S&Pグローバル100インデックスへの連動を目指すファンドです。
世界の調整後時価総額50億ドル以上の多国籍企業約100銘柄に投資する海外ETFです。

上位保有銘柄 2010年04月01日現在
EXXON MOBIL CORP
MICROSOFT CORP
GENERAL ELECTRIC CO
NESTLE SA-REG
PROCTER&GAMBLE CO
JOHNSON&JOHNSON
BP PLC
HSBC HOLDINGS PLC
JPMORGAN CHASE&CO
INTL BUSINESS MACHINES CORP


上記の海外ETF iShares S&P Global 100 Index(IOO) は楽天証券で購入することが可能です。
グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!
口座開設・資料請求はこちら











ヘッジファンド投資 注目の戦略「マネージド・フューチャーズ」

株式や債券、コモディティのような資産を保有している限り、景気変動による資産価値の変動は避けることはできないでしょう。
グローバルマネー経済の中では、何年かに一度、市場が大暴落に見舞われ、資産を大幅に減らしてしまいかねない事態がこれから先も何度となく起こるでしょう。

そこで、景気変動に左右されず、絶対リターンを追及するヘッジファンドをポートフォリオに組み入れることで景気変動による価格変動リスクを抑えることができるのではないでしょうか。



注目されるマネージド・フューチャーズ戦略

ヘッジファンドの数ある戦略の中でも市場混乱期に力を発揮するマネージド・フューチャーズ戦略が注目されています。

マネージド・フューチャーズは、商品先物および金融先物に専門に投資するファンドのことです。

マネージド・フューチャーズが投資対象とする先物は、エネルギー、金属、農産物、株式、債券、通貨、金利など広範囲に及びます。

マネージド・フューチャーズを投資ポートフォリオに組み入れることで得られるメリットは、ポートフォリオ全体のリスク(ボラティリティ)が抑えられる可能性があります。
というのも株式や債券との相関係数が極めて低いため、株式や債券そしてマネージド・フューチャーズからなるポートフォリオではリスク低減効果が生じるのです。

マネージド・フューチャーズは上げ相場だけでなく、下げ相場でもリターンをあげることができます。
多くのマネージド・フューチャーズはトレンド・フォロー型の運用をしていますが、これは、コンピューターモデル等を駆使して、市場トレンドを追求して収益を得るものです。
世界中の市場は上昇トレンドと下降トレンドを繰り返していますが、下降トレンドからもリターンを出すことができるマネージド・フューチャーズは、長期的に高いリターンを実現できる可能性が高いのではないでしょうか。


マネージド・フューチャーズは幅広い分散投資効果

また、マネージド・フューチャーズは世界中の100以上の先物市場で取引をしているので、世界的な分散投資を容易にする効果もあります。
多くのマネージド・フューチャーズ・ファンドは世界中の100以上の先物市場を投資対象として、売り買い両方のポジションを利用します。
投資対象とする先物市場は、通貨、金利、債券、株価指数といった金融先物市場から、金、原油、畜牛、小麦、コーヒー、綿花などの商品先物市場まで、極めて多様な範囲に及びます。
その世界100以上の市場で、売り買い両方のポジションをトレンドフォロー戦略でプログラム化されたシステム取引していれば、かなり強力な運用ツールになるのではないでしょうか。



国内金融機関で購入可能なマネージド・フューチャーズ・ファンド


日本で購入できるマネージド・フューチャーズ・ファンドの値動きに連動する投資信託があります。

マン・AHL・マイルストーン」(米ドル建)という投資信託で三菱UFJモルガン・スタンレー証券で購入できます。(円建はマン・AHL・ランドマーク)

世界最大級のヘッジファンドのひとつ、「マン・インベストメンツ」における、主要運用マネジャー「AHL」の「AHLダイバーシファイド・プログラム」を主要運用戦略とします。
「AHLダイバーシファイド・プログラム」は、マネージド・フューチャーズ戦略により高い収益性を目指したプログラムです。


グローバル・フューチャーズ・ファンド」はシティバンク銀行で購入できる、大手ヘッジファンドの「ウィントン」など、複数のマネージド・フューチャーズ・ヘッジファンドに間接的に投資するファンドです。









外貨MMFをマルチポケットとして活用

外貨建MMFは、主に外国の優良企業が発行する短期金融商品(コマーシャル・ペーパー)や格付けの高い公社債等を投資対象とし、投資元本を維持し、高い流動性を保ちつつ安定した収益を追求する投資信託です。
分配金は毎日計算され、月末に自動再投資されるため、複利効果による効率的な運用が望めます。
MMFとはマネー・マーケット・ファンド(Money Market Fund)の略称です。

外貨建てですから、為替レートの変動による為替差益を得ることも出来ます。(目減りしてしまうリスクもありますが、円に戻すタイミングは自由に選べます。)
特徴として、満期という概念がないため、いつでも好きなときに解約・換金できる自由度の高さも人気のひとつです。
安全性を重視しているため、リターンが他のファンド(投資信託)や株式のように大きく狙えませんが、元本割れ(金融商品ですから元本保証はありません)のリスクがとても少ない金融商品の一つです。
また、為替手数料以外の手数料がなく、最小投資金額が少なくて済むため、コツコツ少額から積み立てていく投資タイプの方にも向いています。


外貨MMFは為替差益は非課税

外貨MMFは、日本の税法上、公募外国公社債投資信託として取り扱われますので、為替差益は非課税です。


外貨MMFは少額から投資でき、出し入れ自由

金額指定または口数指定で、少額から投資でき、いつでも買付、換金の申込みができます。
外貨建MMFは、満期が無く、いつでも換金できることから、他の外貨建て商品の購入資金を一時的に預けたり、受け取った償還金や売却代金を外貨のまま受け入れたりするのにも利用でき便利です。


外貨MMFは、買付・換金手数料が無料なので、外貨専用のお財布代わりとして利用すれば、その活用度はますます高まります。


楽天証券 外貨建てMMF
安定した運用で好利回りを目指す外貨投資商品として人気の「外貨建てMMF」 楽天証券は、ネット証券No.1の取扱い通貨数。
気になるスプレッドも業界最低水準の米ドル片道25銭から。











Page Top